家庭管理帳」最寄勉強から

 ある日の最寄会で配偶者や親を亡くした時の相続などの
事務手続きが大変だった事が話題にのぼりました。

貯金のこと保険のことカード類など夫婦互いが知らないことも多く
まして子どもと話し合ったこともありません。万一の事があった時
子どもはきっと困るでしょうと話し合い、 そこで最寄勉強として
「家族が知っておきたいこと、伝えたいことの家庭管理帳
を作る事にしました。


最寄の一人の方の例をお伝えします。
家庭管理のノートは下の写真のようなクリアファイルに入れました。




項目は大きく次の6に分けました。

1 家族・親戚について @本籍地・現住所・過去の住所
A家族の名前と生年月日
B 住民票コード番号
  パスポートナンバー
  運転免許番号
  家族の携帯電話番号
C勤務先
D親戚図
転勤で住所を転々としてきたので過去の住所も記録として残しました。
主人はこれまで21ケ所移り住んでいたことが分かりました

Dの親戚図は夫と妻の4代までの親戚関係を図にしました。
誕生日や没年も記入しました。

2 年金・保険について @国民年金 基礎年金番号
A厚生年金番号
B生命保険
@とAはそれぞれの番号と問合せ先も書いておきます。
国民年金は納め忘れが無いか市役所の年金課で時々確認しておきます。

Bの生命保険は 
契約書番号と             補償の内容と             受取人の名前も書きました

3 財産負債 @ 貯金
A 株
B 負債
C カード
D 貸し金庫について
貯金の記録は名義別に一覧にしました

負債の記録は住宅ローンの借入先・返済状況を書きます

カードの記録・・・・カードごとの紛失届け先を忘れずに


貸し金庫の銀行名と金庫の開け方の説明を書いてあります

貯金の記録は名義別に整理しています
金融機関名 種別 口座番号 預入年月 満期日 預金額 利率 払戻金額
1
2
合計

4 健康 @ 保険証のコピー
A かかりつけ医院名と電話番号
B 病気の記録
今までにかかった病気の記録があとで役立ました

5 土地家屋 @登記簿のコピーと保管場所を書いておく
A火災保険  
    会社名 期間 保障内容を書く
B補修の記録 
家の補修の記録は工事先の電話番号は とても役立ちます。

金額も書いておくと次回の工事のときの参考になります

6 万一に備えて @延命措置はしない
Aお葬式は教会でして欲しい
Bお墓について
B連絡する人の名前と電話
C相続手続きコピー   
D伝えたいこと
万一の時は残った者に全てゆだねるつもりですが夫婦の気持ちを書きました。

墓地の場所と地図。
管理事務所の連絡先と墓地の
鍵の開け方の説明
  

明日の友1999年秋号に相続の手続きに必要な書類の一覧表があり、コピーして入れてある

最寄の人が「子ども一人一人に宛てた短い手紙を書いておきたい」と言っていたので加えたい 
家庭管理帳を作ったことで我が家の歩みを振り返るとともに
心の整理もついたように思います。