衣の勉強会

2013年5月17日 松戸方面

2013年 5月17日(金)10時から14時まで
読書「婦人之友」5月号
もち数減らしてすっきりしましょう
* 衣服費2012年予算と決算
  2013年予算の見合い
*今年購入した服を持って来ましょう
*衣服ノート、できた所まで持って来ましょう
*靴の数を書き出してみましょう(冬・合・夏わけて

 
特にヒットした物や、逆に着こなせない物について話しました。
いつもと違う色合いや形のものがまだ十分活用されていませんでした。
下の写真がその服です。

     
 Fさんのアンゴラの薄紫ロングベスト  Oさんの濃ローズ色のブルゾン  Yさんの暗赤色のワンピース
その組合せや着用の場所について皆で考えました。
 
 
割安に郊外店で購入した,ちょっと変わった形のニットのアンサンブルが意外と他の人にも似合ったり,鮮やかな色が生かせる組合せの実験を楽しみました。
年齢を重ねても鮮やかな色を少し取り入れて 気持ちを弾ませたいと思いました。
 帰宅後すぐの3分間の洋服の手入れを勉強しています
帰宅後すぐの3分間の衣服の手入れは必要に応じて
@汗取り
Aシミの点検と除去
Bブラシ掛け
外出着と普段着の区別が緩やかなYさんは後手になっていましたが、以前に比べて自宅で洗濯出来る物が増え、シミ抜きも少し出来るようになりました。
衣服は生き方を映す鏡のようなもの。暮らしも収納スペースも持ち数も人それぞれだ
からこそ、今をどう生きるかが表れると思うのです
」(2013年5月号『婦人之友』)という言
葉に共感しつつ、2ヵ月に一度くらいずつ会員宅をまわりながら暮らしの様子等も学び合って
います。

戻る